成長とアレルギー

アレルギーの子どもが増えている

増えているアレルギーの病気

人間の体は、外の世界と接する皮膚や口内、食道、胃腸、気管支などの粘膜がバリアとなり、また白血球がかかわる免疫という仕組みが、体に有害なウイルスや細菌などの異物から体を守っています。このバリア機能が不完全だったり、過剰に働らくと、もともとは有害でない物までも異物(アレルゲン)とみなして攻撃し、アレルギー反応が起こります。

 

原因になる物質『アレルゲン』には、ダニやスギ花粉に反応する人が多いのですが、人によって原因は様々です。またアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ぜんそくなどアレルギー症状は色々ですが、ただ根本は『アレルギー体質』ということです。
ただ、体質があれば必ず発症するわけではなく、発症するかどうかは環境や環境の変化が複合的に影響していると考えられます。

 

アレルギーを持つ人は増えており、今では日本人の1/3人がなんらかのアレルギーを抱える国民病とも言えます。

 

発症の原因と仕組み

金属、昆虫、花粉、ハウスダスト、植物、動物の毛やフンなどがアレルゲンになってしまう方が多いようです。

 

人類初、アレルギーということが認められたのは、紀元前に異国の王様がハチに刺されて死亡。かなり前から、アレルギーというのは認知されていたのですね。

 

なぜ?アレルギー反応を起こすの?

すばり!生体防御システムが関連しています。
免疫の力はもともと必要で、危険物質を攻撃するよう働きをします。免疫反応が無いと微生物に負けてしまうからです。感染症に負けないようにするのが本来の免疫の働きです。

 

ですが、防御システムが、暴走して花粉など危険ではない異物も攻撃する、同時に自分の細胞も攻撃してしまう。これがアレルギー反応となります。そして、危険ではない物質なのに、アレルギー反応を起こしてしまう、その対象である物質を『アレルゲン』といいます。
アレルギー体質改善や症状緩和しながら、不快を感じることが少なく快適に生活できるといいですね。